ごあいさつ:すべてのご利用者様へ、心のこもった介護サービスのご提供を心掛けております。

私達、こころ・そらグループは家族です。そんな気持ちで寄り添う介護がここにあります。

平成18年3月、1人で起業するまでは、福祉用具業界のごく普通の営業マンでした。
経営者として素人だった私は、最初の1年で10年分以上の失敗と挫折を経験しました。その失敗こそが財産であり、私自身の活力となり地域福祉に溶け込む原動力となったと今振りかえると痛感しています。
求められている介護とは何だろうか?常に自問自答し、困難な事例に対しても決して断る事をせず、持てるポテンシャルの限り全力でサービスに努めてまいりました。
介護は決して綺麗事で片付けられるような仕事ではありませんが、ご利用者さん、ご入居者さんの笑顔がある限り、私達職員一同は寄り添う“まごごろ”精神を決して忘れてはならないと思っています。

川西市介護保険サービス協会会長、川西市介護保険運営協議会委員、川西市社会福祉審議会高齢者専門部会委員、川西市社会福祉協議会評議員等の福祉要職経験を生かしながら、さらに伊丹市、尼崎市と拠点展開を図り、安全で快適と感じられる介護サービスの提供に努める事を、職員一同、一意専心努める決意でございます。

今後とも介護を通して更なる、こころ・そらグループのブランド力に誇りを持ち、感謝の気持ちを決して忘れぬよう前進してまいります。


代表取締役 成徳 明伸(なりとく あきのぶ)